脱毛の痛みを減らす、簡単な2つのポイント

脱毛で痛みを感じるメカニズムとは

美容クリニックやエステサロンで脱毛にチャレンジしてみたいものの、痛みが気になって躊躇してしまうという女性が少なくありません。

脱毛は、ムダ毛が生えてこないように毛根に含まれたメラニン色素にダメージを与える施術になります。

この時、メラニン色素と一緒にまわりの肌に熱や衝撃が伝わるため、多少の痛みが伴います。

ですが、少しの工夫で施術時の痛みを緩和させることができるので、試して脱毛にチャレンジしてみましょう。

乾燥肌をケアしてみよう

脱毛時の痛みを減らす1つ目のポイントは、乾燥肌のケアを行うことです。

肌の水分量が減るとバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなってしまいます。

そのため、少しの刺激でも痒さや痛みを感じるようになり、炎症も起こりやすくなるのです。

つまり、肌の乾燥をケアするように保湿成分を補っていけば、痛みを感じにくい健康な肌にすることができるのです。

脱毛を行う前に保湿ケアを行ったり、脱毛後にクリームを塗ることで、施術の痛みを大幅に減らすことが期待できます。

美白ケアを意識しよう

脱毛で使用するレーザーやフラッシュは、メラニン色素に反応するという特徴があります。

そのため、メラニン色素を含んでいるムダ毛を効果的に減らしていくことができるのですが、メラニン色素は肌の中にも生成されるので注意が必要です。

紫外線を浴びたり、摩擦などの影響でメラニン色素は生成されるので、しっかりと紫外線対策などを行うことが痛み軽減に有効です。

さらに、すでに作られたメラニン色素を還元するために美白ケアすることも効果的なので試してみましょう。

新宿の脱毛サロンは、通い続けやすく、アクセスが便利な駅前に多くあるので、続けることが苦手な方にも良いです。